会社沿革

会社沿革
昭和 21年 鹿児島市南林寺町にて水道資材の販売を始める photo創業者 有馬 虎夫氏
(S26年3月 39歳)
hist1
設立当初の有馬虎夫商店
昭和 25年 有限会社有馬虎夫商店を設立(資本金30万円)
加治屋町に本社を移転
昭和 30年 (株)クボタの鹿児島県内唯一の合成管特約店となる
昭和 32年 株式会社に改組
資本金を120万円に増資
昭和 34年 開聞町土地改良区かんがい事業の揚水施設工事に携わる
昭和 35年 桜島の武かん水工事を施工
昭和 37年 笠野原畑かん事業の起工式が行われる
昭和 39年 (株)クボタより、合成管優良特約店として表彰される
昭和 40年 資本金を480万円に増資(10月7日)
資本金を750万円に増資(10月27日)
昭和 43年 創業者初代社長有馬虎夫死去
専務取締役有馬逸代表取締役社長就任
昭和 47年 業務拡張のため、新栄町に本社を移転
昭和 48年 鹿児島市水道局の河頭浄水場工事に携わる photo4鹿児島市水道局に
ディーゼル発電機を納入
(S48年)
昭和 50年 資本金を3000万円に増資
創業30周年を迎える
昭和 51年 宮崎出張所を開設
昭和 54年 福岡営業所を開設
昭和 56年 筑後導水路工事に携わる photo8
農業水利事業工事
昭和 57年 万之瀬川の導水路工事に携わる
昭和 62年 宮崎出張所を支店に昇格
平成 元年 大隅営業所を開設
平成 2年 福岡営業所を大野城に移転
平成 5年 大隅営業所を鹿屋に移転、鹿屋営業所とする
平成 6年 フィリピン・ダバオ市にPHIL-ARICO.INCを設立
平成 8年 本社ビルを新築
社名をアリマコーポレーションに変更
50周年の記念行事としてフィリピン・ダバオ市に水道施設を寄贈
創業50周年の記念式典を挙行
photo7
フィリンピンダバオ市に
水道施設を寄贈
(H8年7月)
photo6
創立50周年記念式典を挙行
(H8年10月)
平成 11年 北薩営業所を開設
平成 12年 鹿屋営業所を改築移転し支店に昇格
平成 16年 代表取締役会長に有馬逸、代表取締役社長に有馬誠就任
平成 18年 創業60周年を迎える
平成 20年 福岡営業所閉鎖
代表取締役会長に有馬誠、代表取締役社長に有馬正治就任
平成 26年 北薩営業所閉鎖(7月31日)
徳之島営業所を開設(8月1日)
平成 28年 創業70周年を迎える
平成 29年 徳之島営業所移転(8月1日)